ガンヴォルトバースト 攻略

マイティガンヴォルト バースト – カスタマイズの方法・種類まとめ|カスタマイズシステム解説

2017年7月6日 なん 0

マイティガンヴォルトバースト(Mighty Gunvolt Burst)のカスタマイズシステムについてそれぞれの主人公ができるカスタムの紹介や、カスタマイズシステムについて詳しく解説しています。ゲームを始めたばかりで、カスタムについてよくわからないという方は参考にしてください。 カスタマイズシステム カスタマイズシステムとは、ショットの性能や、ベック / ガンヴォルトの性能を変化させるシステムである。 所持しているCP(コストポイント)の範囲内で自由にカスタマイズできる。 CPの上限を増やすアイテムは、敵が落としたり、ステージクリア報酬などで手に入る。 カスタマイズの流れ まずは、使用するカスタマイズスロットを選択する。カスタマイズセットは24個まで記録できる。 スロットを選択したら、バレットタイプを選ぶ。 選んだバレットタイプのカスタム項目が表示されるので、変更したい項目を選択する。変更する内容によって必要なCPは異なる。 カスタマイズしたショットを試したくなったら、+ボタンを押せば試し撃ちができる。 キャラクターの性能変更 ベック / ガンヴォルト自身の性能を変更するカスタム項目。 これらは、どのバレットタイプを選んでもカスタム可能だ。 全キャラ共通のカスタム 一部、ベックとガンヴォルトで名称が異なるものがあるが、効果は同じである。 ▼ クリックで展開 カスタマイズ項目 必要CP フルオート 3発/秒 500 6発/秒 1000 9発/秒 2500 16発/秒 5000 チャージショット スロットリンク [ … ]

ガンヴォルトバースト 攻略

マイティガンヴォルト バースト – ピクセルシールの入手方法|各エリアで入手できるピクセルシールまとめ

2017年7月6日 なん 0

マイティガンヴォルトバースト(Mighty Gunvolt Burst)の収集要素であるピクセルシールを入手する方法や、各エリアで入手できるピクセルシールをまとめて紹介しています。ピクセルシール収集の参考にしてください。 ピクセルシールの入手方法 ピクセルシールを入手する方法は、 リワードとして入手する エリア道中の隠しアイテムで入手する 雑魚敵を倒したときにドロップする チャレンジの達成報酬 の4種類存在し、ドロップで入手できるピクセルシールはランダムとなっている。 また、リワードとして入手できるピクセルシールは、ベック編とガンヴォルト編とで違うピクセルシールを入手できる。 ピクセルシール一覧 チャレンジの達成で入手できるピクセルシールに関してはこちら リワードで入手 エリア名 ベック ガンヴォルト えころ 市街地 No.087 No.086 石油プラットフォーム No.052 No.039 水道局 No.053 No.046 発電所 No.054 No.048 鉱山 No.055 No.004 軍事基地 No.056 No.047 [ … ]

ガンヴォルトバースト 攻略

マイティガンヴォルト バースト – CP稼ぎおすすめエリア・効率の良い稼ぎ場所

2017年7月5日 なん 0

マイティガンヴォルトバースト(Mighty Gunvolt Burst)でCPアイテムを効率よく入手する方法や、CP稼ぎにおすすめのエリア、稼ぎ場所をまとめて紹介します。 効率の良いCPの稼ぎ方 ベック / ガンヴォルトのカスタマイズに必要なCPの最大値は、リワードやステージ内に隠されているCPアップアイテムをすべて回収すれば、6250になる。 これ以上に増やそうと思った場合は、ステージ内に落ちていたり、敵が落としたりするCPアップアイテムを回収する必要がある。 もっとも効率よくCPアップアイテムが回収できるおすすめの場所は、鉱山エリア。 鉱山エリア終盤の、無敵状態になってトゲの上を進む場面に、CPを10増やすアイテムが3つ存在する。 それを回収し、近くの穴に落ちてリトライし、再び拾いに行くことを繰り返せば、大体20秒で30ずつ上げていくことができる。 CP稼ぎ動画 infinidieのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する 関連記事 鉱山エリア攻略 カスタマイズまとめ ベックおすすめカスタム ガンヴォルトおすすめカスタム

ガンヴォルトバースト 攻略

マイティガンヴォルトバースト – エリア別Sランク獲得条件まとめ

2017年7月5日 E2O 6

マイティガンヴォルトバースト(Mighty Gunvolt Burst)の各エリア別のSランクの獲得条件を紹介します。高得点を出すためのコツについても解説します。 Sランク獲得条件 本作は、ステージをクリアすると点数が表示され、獲得した点数に応じてランク付けがされる。ゲームの達成度を100%にするには、全エリアでSランクを取る必要がある。ゲームをクリアできたら、Sランクを目指して点数を意識したプレイをしてみよう。 得点要素 ステージクリア時に、ステージ中で獲得した点数にいくつかボーナスが加算され、最終得点が発表される。 ステージクリア時に表示されるスコアの内容は以下のとおりである ■ステージスコア ステージ中で獲得した点数。敵を倒したときに加算される。バーストコンボを決めればさらに多く加算される。 ■クリアボーナス ステージ中で使った装備のうち、もっとも合計CPの値が高いもので決定される。CPが1000以上の場合は、以下の式でボーナス値を求めることができる。  5000 – (最も高い合計CP値 – 1000) 計算結果が0以下となった場合は、0として扱われる。つまり、最大CPが6000以上になるとボーナス値は0となる。 ※コメント欄にてご指摘してくださったAnonymousさん、ありがとうございました。 最大CPが1000未満の場合は、さらにボーナスが付き、CPが低ければ低いほど、加速度的にボーナスが上昇するようだ。 最大CPが1000未満の場合は以下の計算式でボーナスを求めることができる。  ・ボーナス = (6000 – CP) + (1000 – CP) ^ 2 / 100 例) 最大CP500でクリアすれば8000点、最大CP750。でクリアすれば5875点 [ … ]

ガンヴォルトバースト 攻略

マイティガンヴォルトバースト – ゲームシステム・特徴まとめ

2017年7月4日 なん 0

マイティガンヴォルトバースト(Mighty Gunvolt Burst)のバーストコンボなどのゲームシステムや、ゲームの流れ、特徴についてまとめて紹介します。 ゲームの流れ さまざまギミックや敵が配置されたステージを進み、最後に待ち受けるボスを倒すことができればステージクリアとなる。 ステージクリア時にもらえるリワードは表示されている中から1つだけ選んで入手することができる。 ステージをクリアした際にもらえるリワードは1回につき1つまでなので、表示されているリワードをすべて入手するには何度も繰り返しステージクリアをする必要がある。 ピクセルシール(収集要素)は一度入手すると、セーブデータ間でも共有される。 ゲームオーバーについて 本作には「ゲームオーバー」が存在しない。 ステージ中のさまざまな点にチェックポイントがあり、プレイヤーキャラが力尽きてしまっても、直前のチェックポイントから何度でもやり直すことが可能。 リトライ数が増えることでステージクリア時のスコアが下がってしまいますが、慣れるまで何度でも繰り返しプレイできるのでアクションゲームが苦手なプレイヤーも、オールクリアを目指すことができる。 バーストコンボについて 敵に接近した状態でトドメを指すと、倒した敵の上部に「Burst!!」と表示され、通常より派手に敵が爆発して、スコアにボーナスが入る。 (バーストしなくても敵を倒した際の基礎スコアはカウントされる。) また、バースト撃破を連続で決めると「バーストコンボ」が累積され、コンボ数が大きくなると、バースト撃破時のボーナススコアがさらに大きくなる。 ボスもバースト撃破を狙うことができる。 カスタマイズシステム ステージ道中や、クリア時のリワードで、モジュールアイテムを入手することで、カスタマイズ画面でショットの性能を変更することができる。 弾をバウンドさせたり、地形を反射させたりと、多種多様なカスタムを楽しむことができる。 カスタム画面内では、試し射ちができるため、自分好みのショットを追求しよう。 ピクセルシールについて 本作の収集要素として「ピクセルシール」という、キャラクターなどがドットで描かれたアイコンが存在する。 上記にもあるが、ピクセルシールは一度入手すると、違うセーブデータ間でも共有される。 ピクセルシールは「コレクション」画面から閲覧できるほかにも、カスタマイズスロットのアイコンとしても登録することができる。 HD振動要素について 『Nintendo Switch』版限定の要素。 オープニングステージである市街地エリア内で「P-DOW ムルジム」というモジュールアイテムを入手すると、「ダウジング」要素を有効にできる。 「ダウジング」要素を有効にしていると、アイテムが隠されているポイントに近づくことでコントローラーが振動して教えてくれる。 本作は、一見普通の壁のように見えても、ショットを当てることで隠された通路やアイテムを見つけることができるため、探索に便利な「ダウジング」はなるべくオンにしておくと良いだろう。 関連記事 評価・レビュー・感想まとめ ガンヴォルトキャラ性能 ベックキャラ性能 [ … ]

ガンヴォルトバースト 攻略

マイティガンヴォルトバースト – ガンヴォルト | キャラ性能・おすすめカスタマイズまとめ

2017年7月4日 E2O 2

マイティガンヴォルトバースト(Mighty Gunvolt Burst)の主人公・ガンヴォルトの性能を紹介します。攻略に有利なおすすめのカスタマイズについても解説します。 「ガンヴォルト」キャラクター紹介 『蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト』の主人公。 雷撃の“第七波動(セブンス)”「蒼き雷霆(アームドブルー)」の能力者。“電子の謡精(サイバーディーヴァ)”のシアンとともに行動している。 性能・特徴 特徴 ガンヴォルトの特徴は、スキルによる強力な攻撃ができる点だ。スキルを使用するのに必要なSPは、時間経過で自動的に回復するので、あまりもったいぶらずにガンガン使おう。ただし、スキルを使用するとクールタイムが発生し一定時間使えなくなるので、同じスキルはSPが足りていても連発できない点は注意しよう。 欠点 ベックと比べて、カスタマイズの幅が狭いのが欠点。そもそもカスタマイズできる項目が少ないことに加え、スキルを使用可能にするにもCPが必要なことを考えれば、実際に採れる選択肢は多くはない。 エアリアルアクション 空中の移動方法を拡張する「エアリアルアクション」を習得すると、空中でさらにジャンプができるようになる。飛距離を伸ばすこと以外にも、高いところに登ったり、滞空時間を延ばすためにも使える。ボス戦では、適当にジャンプし続けるだけで簡単に回避できる攻撃も多いので、生存能力の高いキャラといえる。 スキル ライトニングスフィア 消費SPは1。雷球がガンヴォルトの周囲を周回し、少しの間ガンヴォルトを守る。ミサイルなどの破壊可能な敵の攻撃から身を守るのに最適。接近して攻撃する際の火力サポートとしても使える。 スパークカリバー 消費SPは2。ガンヴォルトの目の前に雷の剣を出現させ、敵を貫く。一撃の威力が高いので、ステージ中にいる耐久力の高い敵を倒したい時や、ボス相手に大ダメージを狙いたいときに使おう。 ヴォルティックチェーン 消費SPは3。画面全体を攻撃する。このスキルで倒した敵は、距離に関係なくバーストコンボになるので、スコアアップを狙いたい場面で使おう。また、倒したときに攻撃してくるタイプの敵は、バーストコンボをすれば攻撃してこなくなるので、そういった敵を倒すときに使うのも有効だ。 コウライコウ 消費SPはなんと0。ショットでは攻撃しづらい、ガンヴォルトの上下を電撃で攻撃する。 シアン「GV、負けないで!」 ガンヴォルトの体力が少なくなると、シアンが現れ応援してくれる。これ以降ガンヴォルトがオーラのようなものを発するが、効果は現在調査中。はっきりわかっていることは、ヤバくなるとシアンちゃんに会えるということだけ。噂によると防御力アップの効果があるとのことだが、詳細は不明なので情報提供があれば助かります。 おすすめカスタマイズ カスタマイズシステム解説 超おすすめ!必須レベルのカスタマイズ 新しいカスタムセットを作る時は、CP1000の装備が初期設定として用意される。このセットに必要なものを足していこう。 どんなカスタイマイズにも便利な、必須とも言えるものはこれらである。 カスタマイズ項目 必要CP エレメント なし以外のもの 150 シールドヴォルト 0.5倍 [ … ]

ガンヴォルトバースト 攻略

マイティガンヴォルト バースト – おすすめ攻略順まとめ

2017年7月4日 E2O 0

マイティガンヴォルトバースト(Mighty Gunvolt Burst)のおすすめの攻略順を紹介します。ボスから入手するエレメントや、弱点エレメント、アイテム回収の効率の良い攻略順を解説します。 おすすめの攻略順 ゲームをスタートして市街地エリアを攻略したら、8つのエリアを攻略することができるようになる。おすすめの攻略順番は、以下の2パターンである。 おすすめ攻略順1 大統領官邸 電波塔 石油プラットフォーム 水道局 軍事基地 鉱山 ハイウェイ 発電所 おすすめ攻略順2 軍事基地 鉱山 ハイウェイ 発電所 大統領官邸 電波塔 石油プラットフォーム 水道局 攻略の効率考察 ボスの弱点 各ボスには弱点となるエレメントが設定されている。エレメントはボスを倒すと入手できるので、入手したエレメントが弱点のボスを倒しに行くと攻略しやすくなる。 しかし、最初に戦うボスだけは弱点エレメントなしで挑むことになるので、倒しやすい相手を選ぶのがいいだろう。 アイテム回収に必要なモジュール 本作は、ステージ中にいくつもアイテムが隠されている。できることなら、ボスを倒しに行く際に、アイテムの回収も同時にやってしまいたい。 一部のアイテムは、取得するためにほかのモジュールが必要なものがある。そういった場合は、ほかのステージを先に攻略し、必要なモジュールを回収してからの方が効率的だ。 なおこれに関しては、ボスの弱点順に進めていけば、必要なものが自然と手に入るようになっている。 ■取得にほかのモジュールが必要なもの一覧 エリア アイテム 必要なモジュール 鉱山 [ … ]

ガンヴォルトバースト 攻略

マイティガンヴォルトバースト – 評価・レビュー・感想まとめ

2017年7月4日 なん 0

マイティガンヴォルトバースト(Mighty Gunvolt Burst)の評価、レビュー、感想、面白い点などをまとめています。購入しようか迷っている人や、購入したけどほかの人の評価が気になるという人は参考にしてください。 良いと感じた点 古き良き2Dスクロールアクション 本作はインティ・クリエイツが開発した2Dスクロールアクションゲーム。 『ガンヴォルト』のおまけゲームであった「マイティガンヴォルト」を大幅に刷新し、新たに新作タイトルとして登場した。 ゲームシステムは『マイティガンヴォルト』から刷新され、キャラクターの成長システムや、スコアアタック、収集要素などかなり豊富なプレイバリューとなっており、遊びごたえも十分高い作品となっている。 プレイアブルキャラクターとして、『Mighty No.9』から「ベック」、『蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト 爪(ソウ)』から「ガンヴォルト」の性能が違った2人のキャラクターから選択して遊ぶことができる。 『ロックマン』シリーズを手掛けたスタッフが開発していることもあり、『ロックマン』ファンにも納得のボリュームと難易度となっている。 飽きさせない工夫 ■ショットカスタムについて 本作の特徴として、カスタムシステムがある。 ショットの弾数や、弾の速度、弾の軌道、攻撃力などを変更することができる。ショットだけでなく、即死耐性や吹っ飛び耐性などプレイ時のアクションを手助けするようなカスタマイズも可能。 ステージのさまざまな所に落ちているモジュールアイテム(カスタムアイテム)を入手することで、カスタムの幅をかなり広げることができる。 本作の主人公の一人であるベックは、9種類ものバレットタイプがあり、バレットタイプによってカスタムできる範囲が違っている。 がっつりバーストコンボを狙っていくショットにカスタムしたり、プレイの難易度を下げるようなカスタム内容にしたり、とかなり多様なカスタムを楽しむことができる。 前述にもあるが、カスタムの内容によってはゲームの難易度を下げることができるため、アクションゲームが苦手な人でも、カスタム次第では比較的簡単にクリアを目指せるような仕様になっている。 また、カスタムの内容には能力を下げるようなカスタムもある。このデメリットのあるカスタムは、カスタムに必要なコストを下げるだけでなく、ステージクリア時のクリアボーナススコアが高くなる仕様になっている。 もっと歯ごたえのあるゲームプレイを楽しみたい場合や、ハイスコアを目指したい場合に活用できる。 以上のようにカスタムによって、初心者から長くアクションゲームに慣れ親しんだプレイヤーまでかなり広範囲のプレイ層に楽しんでもらえるような内容といえる。 ■ゲームオーバーについて 本作にはゲームオーバーという概念がなく、トゲなどに落ちてプレイヤーが力尽きても直前のチェックポイントからプレイが再開する。 アクションが苦手なプレイヤーであっても何度もプレイし、クリアを目指すことができる。 また、道中で手に入れたカスタムパーツを持ったまま、ステージを中断してステージセレクトに戻ることができるので、もし、ボスで行き詰っても違うステージからやり直すこともできる。 ■リワードについて ステージをクリアした際にもらえるリワードは1回につき1つまでなので、表示されているリワードをすべて入手するには何度も繰り返しステージクリアをする必要がある。 重要なアイテムがリワードになっているのは各ステージにつき1つで、ほかのリワードアイテムは収集要素であるピクセルシールや、カスタムコストを増やすアイテムとなっているので、周回プレイをするときのモチベーションとなる。 ここはちょっと……と感じた点 カスタムの幅が広すぎる 本作のカスタムシステムは非常に細部まで設定することができる。アクションゲーム好きにとってはまさに痒い所に手が届くといった内容になっているのだが、初心者にとってはかなりとっつきにくい内容の細かさである。 また、ゲームを進めていくことでキャラクターの性能を高くすることができるが、そもそもアクションゲームが苦手な人は、進めること自体が難しい人であるので、ゲームを進めることで順次解放されていくというのはいかがなものか。 また、ゲームをある程度進めることができる人だと、カスタム内容によってはゲームが簡単すぎるということになってしまう。 ゲームバランスがカスタムによってかなり変動するため、自分にとってちょうど良い難易度を維持することが難しい。 [ … ]

1 4 5 6 7