BitSummit 2017 – 第5回ビットサミットを総括 入場者は過去最高を記録! 任天堂やSIEなど大手企業も参加!!

2017年5月20,21日に開催されたビットサミット2017の内容をまとめました。ビットサミット2017に参加して感じたこと、会場で注目を集めていたゲームや人気のあったゲームなど、いくつかのゲームをピックアップして紹介しています。


日本のインディーゲームシーンに多大なる影響を及ぼしているBitSummit。
京都・みやこめっせで行われた第5回目となる今回の開催は、昨年よりも会場規模を1.5倍に拡大。
国内・海外のスタジオやクリエイターが制作したインディーゲームが100本以上も募り、開催規模はますます大きくなるばかりだ。

対称的に、メジャーゲームシーンとインディーゲームシーンの垣根は、年を追うごとにどんどん小さくなっている。
それは年単位というよりも、日単位あるいは秒単位で急速に変化しているのかもしれない。

会場では、10000人に迫る来場者や任天堂やSIEといった大手企業も参加していることから変化を実感することが可能だ。
インディゲーム市場の急激な変化を直に体験することができるということにおいて、ビットサミットは日本では稀有な催しであるといえるだろう。

今回、注目を集めていたインディーゲームブース

任天堂

任天堂は2年連続の出店となる。
ニンテンドースイッチ向けのタイトルは計11本が出展された。
国内、海外問わず現在、最も関心を集めているゲームハードゆえに、今後インディーゲームでどのような立ち位置に収まるのか注目だ。

SIE

SIEは2年ぶりの出店。出展ゲーム数は計21本。
VRゲームの出品も多く、最新技術への強い関心が伺える。
PS4のリマスター版『パラッパラッパー』をプレイできる“デカコントローラー”も大きな存在感を放っていた。

スマイルブーム

スマイルブームが制作したゲーム開発ソフト「スマイルゲームビルダー」は、煩雑なプログラム言語を使用することなくRPGゲームを制作できるWindows専用ソフトだ。
同ソフトを使ってユーザーが開発した『ドウクツジマ』は、今回見事ガジェット賞を受賞した。

ゲームフリーク

ゲームフリーク社内の公募によって企画される“ギアプロジェクト”。
そのプロジェクトの成果として生み出されたのが今回出品された『GIGA WRECKER』だ。
GIGA WRECKERは物理演算エンジンを前面に押し出した2Dパズルゲーム。
物理演算によって、岩などの障害物を破壊すると独特の動きを見せるのが特徴。
社内コンペを勝ち上がってきた同ゲームだけに、ユニークな仕上がりとなっていた。

Pixel Perfex

タイのゲーム開発会社。
今回出品した『Earth Atlantis』は、第5回Bit Summitにおいて最も優秀な作品に贈られる賞である「ヴァーミリオンゲートアワード」を受賞した。
同作は、制作者のスケッチを元に生み出された横スクロールシューティングゲームで、太古の水中を探索できる独特のタッチが話題を呼んだ。

ココノエ

ペーパークラフトで制作されたUFO型デバイスをかざして、マップに現れる街の人々を次々にさらっていく体験型アクションゲーム『ピーポーパニック!』。
ピーポーパニック』は、多人数で参加できることと、シンプルなゲーム構造、そしてキャッチ―な装いが幅広い年齢層に受けいれられ、ブースは大盛況。見事、イノベイティブアウトローアワードを受賞しました。

その他注目の新作インディーゲームPick Up!

  • シルバー事件25区
  • 2005年に携帯アプリで配信された同作のPCアップデート版

  • Million Onion Hotel
  • パズル&ポエムゲーム。短い時間で楽しめるちいさな物語とおおきな物語

  • Beat Legion
  • リズム&カード&リアルストラテジーゲーム。音楽のリズムが戦況に大きな影響を与える新感覚ゲーム

  • マイティガンヴォルト バースト
  • レトロテイストに装いを新たに登場した『マイティガンヴォルト』の最新作

  • Eden Obscura
  • 自身がクラブDJでもある制作者が作りあげた美しいデザインが特徴的な、直観を刺激するゲーム

  • LUNAXXX(仮題)
  • ひかりTVでアニメ化されているスマホゲーム『ルナたん ~巨人ルナと地底探検~』のスピンオフ作品

人気クリエイターも集結したメインステージも盛況

メインステージでは連日各社の人気クリエイターによるトークイベントが開催され、会場を盛り上げた。
プラチナゲームズの稲葉氏日本一ソフトウェアの新川氏など日本ゲーム界のトッププロデューサーもステージに登壇。インディーゲーム界の今後の展望などを絡めて、会場を盛り上げた。
また、海外のプロデューサーも複数登壇し、ニンテンドースイッチへの高い関心などを示していた。

今回、初の企画となる来場者参加型ゲームトーナメント「ビットサミット ゲーム トーナメント」も催された。
トーナメントは、OVER FENCEが製作したニンテンドースイッチの対戦アクションゲーム『バトルスポーツ めく~る』を使用し、めく~るの開発者や須田剛一氏などゲームクリエイター16名と一般来場者16名で対戦してゆき、勝者を決めるというもの。
トーナメントの勝者にはニンテンドースイッチがプレゼントされるということもあり、トーナメントは大きな熱気に包まれた。

ビットサミット2017概観

今回のビットサミットの大きな印象としては、大手ゲーム会社のインディーゲームに対する高い関心を実感することができた。
多くのクリエイターもビットサミットの存在に意義を感じており、今後もより多くのクリエイターとユーザーの交流が生み出されていくことだろう。

ビットサミットは今後もますます発展していくであろうインディーゲーム市場のひとつの試金石であり、無名の若手クリエイター―にとっては大きなモチベーションの対象となりつつある。

大手ゲーム会社もインディーシーンとの良い意味での“競争”、やわらかいニュアンスでの“共存”を望んでいるといった姿勢を感じることができた。
それはある意味では大手の余裕の現れともいえる。このことに意気を感じて、若いクリエイターがビットサミットを足掛かりにし、世に飛び出していくことこそ、クリエイターとユーザーにとって最良の出会いとなるのではあるまいか。

Leave a Reply



Be the first to comment