ビットサミット2017 – 出展作品紹介 – DUAL GEAR | Orbital Speed Studio

BitSummit2017に出展していた作品を紹介します。出展していた『DUAL GEAR』の紹介や、出展者のOrbital Speed Studioさんからのメッセージ、ブースの様子を紹介します。

ブースの様子

BitSummit dualgear

『DUAL GEAR』の紹介

概要

タイのインディーゲームスタジオが制作した、メカの戦闘を重視した新しいタイプのゲームです。
『DUAL GEAR』は昔からある日本のターン制ストラテジーゲームにインスパイアされ、メカニック戦略ゲームと組み合わせて制作されました。
ターン制システムのゲームで、ユニットに第三者視点で命令をしていきます。
ターン制のゲームシステム、パイロットの育成要素、メカのカスタム、さまざまな要素を組み合わせ、分隊を勝利に導きましょう。
ストーリーを進めることで隠し武器なども発見することができます。

このゲームは、Unreal Engine 4によって開発され、2018年にゲームをリリースする予定です。

タイトル 『DUAL GEAR』
ジャンル Mech Combat Turn Base
プラットフォーム Mac, PC, PlayStation 4, Xbox One
開発 Orbital Speed Studio
リリース予定日 2018年

ゲームをプレイした感想

戦闘は、1ターンにつき、1ユニットごとに行動制限が設けられており、行動制限内で攻撃や、移動ができるようになっている。
システムとしてはRPGゲームのターン性バトルではあるが、自ターン内でユニットを操作して移動と攻撃を行うため、攻撃後には敵の射線に入らないように建物に隠れるなど、アクション面も重要と感じた。

また、ユニットのカスタム要素も高く、かなりの数の装備品を装備することができるそう。
持たせる武器はもちろんのこと、ユニットのパーツの組み合わせによってユニットの性能が変わってくるため、状況に合わせたカスタマイズができるようになっている。
さらに、組み上げたユニットのカラーリングも変えられるそうなので、自分だけのオリジナル機体が作れるという点も非常に興味深く感じた。
戦略性の高さ、カスタム要素の高さどちらも非常に高いレベルで作られていると感じた。
開発者の方が『戦場のヴァルキュリア』や、『アーマードコア』シリーズが好きとおっしゃっていたこともあり、2つのゲームの良い所を合わせたような完成度となっている。

インタビュー(Q&A)

Q:今後の活動について教えてください。
私たちはこのゲームを3年間作ってきましたが、リリース前にいくつかのチェックをしなければならないので、現在、次のゲームの計画はありません。
このゲームが成功すれば、おそらく次のシリーズを作ります。私は2Dゲームを作りたいと思っています。

出展作品リンク

http://www.dualgeargame.com/(ゲーム公式)

Leave a Reply



Be the first to comment