ビットサミット2017 – 出展作品紹介 – 『Fighting ANATOMe(ファイティング アナトミー)』 |株式会社ワン・トゥー・テン・ホールディングス

BitSummit 2017に出展していた作品を紹介します。出展していた『Fighting ANATOMe(ファイティングアナトミー)』や、出展者の株式会社ワン・トゥー・テン・ホールディングスからのメッセージ、ブースの様子を紹介します。

ブースの様子

『Fighting ANATOMe(ファイティングアナトミー)』の紹介

概要

高速スキャンシステム「ANATOMe」を使用しており、自分が格闘ゲームのキャラクターとしてバトルできる新感覚格闘ゲームです。
スキャンされた自身のデータは、格闘ゲームのキャラクターとして登場します。
ゲームコントロ ーラーで操作し、スキャンデータから作成した自分の分身が様々な技を繰り出します。
斬新かつ「あの頃格ゲー感」を味わえるゲームです。

タイトル Fighting ANATOMe
ジャンル 新感覚格闘ゲーム
プラットフォーム 専用筐体
開発 株式会社ワン・トゥー・テン・ホールディングス
リリース予定日 一般リリースの予定なし

インタビュー

Q:今回のゲームで一番こだわった点
「高速スキャンシステム」という新技術と「格闘ゲーム」というレトロで懐かしい雰囲気を合わせた点です。
技術に驚いていただきつつ、ノスタルジックな世界観で、「新しいけど懐かしい」という不思議な体験にこだわりました。

Q:今回のゲーム制作で一番難しかった点
ゲームバランスの調整に苦労しました。
本格的な動きを入れすぎると自然な格闘ゲームになってしまい、自分を操作している際のユニークさが足りなくなります。
人のスキャンデータを面白おかしく見せるには良い感じのチープ感を追求する必要がありました。

Q:インディーゲームの良さ
とにかく多様性があることです。
製作者が自分の価値観をもとに自由に作るため、びっくりするほど幅広い種類の遊びが生まれる点です。

Q:今後の具体的な活動について
今回のような人が滞留するイベント会場などで順次展開を想定しています。

Q:出展社の目標
ライトな操作な分、テクニックを要するため、ある種やり込み要素があります。
トーナメントバトルなどに発展していただけるようなことになると幸いです。

Q:未発売ゲームのリリース予定について
具体的には言えないのですが、計画中の内容が複数あります。

出展作品リンク

ワン・トゥー・テン・ホールディングス

Leave a Reply



Be the first to comment